ペット保険と治療の選択肢

事前に保険で備える

トップ >> ペット保険と治療の選択肢

加入していると安心なペット保険

ペットが突然事故にあったら、どうしますか?もちろんすぐに病院へ連れて行き、必要な手術や治療を受け、入院させるでしょう。そこで無視できないのがこの時かかってくる治療費です。人間とは違い公的な保険制度が無いために、治療費も高額になることが多々あります。会社や契約内容により異なりますが、保健に加入していれば、半額もしくは3割の負担で済むこともあります。病気やワクチンの接種でも、負担金額が軽減されます。大切なペットだからこそ、安心して手厚い治療を受けられるように、万一に備えておきたいものです。病院に連れて行きやすい環境作りからして行きましょう。

犬の介護に関する問題

犬も人間同様に長生きする時代になりました。平均寿命が現在では、14歳~15歳。人間で換算するとおよそ100歳に相当します。医療の技術が発達し、ペット保険の加入も可能で、食事も栄養のあるものを食べることができるようになったためです。このため高齢で寝たきりになる犬も増えています。その介護は、飼い主が担うわけですが20キロになる犬を抱えて病院に運んだり介護するうちに人間の方も腰を痛めたり介護に疲れている現状もあります。最近では、動物の介護専門のクリニックも開業されており、介護が必要な動物とその飼い主のケアをしているようです。無理をしすぎず、保険と医療を上手に利用しましょう。

生き物と保険に関する情報

Copyright 生き物と保険について All rights reserved.