生き物と暮らす健康と保険

健康管理と保険が重要

トップ >> 生き物と暮らす健康と保険

定期的な健康管理が重要

保険への加入だけでなく、大切なペットが病気にならないよう、健康管理が大切です。定期的に獣医にかかるようにしましょう。犬や猫の場合、ノミの駆除は年間を通して行いましょう。冬でも室内は暖房が利いているので、ノミが繁殖しやすいです。また、フィラリア症にも気をつけましょう。蚊が運んでくる寄生虫で、全長15センチ~20センチほどの素麺状の虫です。心臓の中に寄生しますが月に1回の飲み薬で予防できます。お腹の中の虫も駆除できますので、1年間通じて投与するといいでしょう。5歳を過ぎると人間の年齢で30歳~40歳相当になるため、成人病予防の健康診断も必要です。その他、歯石除去や白内障の予防など日頃から健康管理に気をつけておきましょう。保険は終身タイプがオススメです。

保険加入と医療技術の進歩

医療技術が進歩して、ペットも人間も高齢化が進んでいます。また、それに伴い医療費がたくさんかかるようになってきているのが現実です。しかしペットには、公的な保険制度はありません。どんなに健康に気をつけていてもケガをしたり病気をしたりしてしまうものです。そんな時にそばにいる人間がしっかり介護できるようにペット保険が存在します。もしもの時に、万全な治療が受けられるように備ええておくことが必要でしょう。病気の早期発見のためにも健康診断は定期的に行うほうがいいでしょう。動物の成長は人間よりもスピードが早いので、病気も進行しやすいのです。

生き物と保険に関する情報

Copyright 生き物と保険について All rights reserved.