動物との事故に備える保険

罰則と保険について

トップ >> 動物との事故に備える保険

動物との事故に関すること

自分が運転している車が動物をひいてしまった場合、日本動物愛護協会によると、傷ついてしまった動物に飼い主がいなくても適切な処置をしなくてはなりません。しかし、道路交通法に動物を対象とした規定はありません。つまり、法的な処罰はありません。ただ、その動物に飼い主がいた場合は「器物損壊」が課せられる可能性があります。ペットは飼い主の所有物ということになるので、賠償を求められた場合は、応じる必要があります。自動車保険で備えることが可能ですが、「自損事故扱い」となりますので、その点がきちんとカバーできる保険に加入しておきましょう。

ペットとドライブ中の事故の場合

ペットも一緒にドライブしている時に事故に遭った場合、補償はどのようになっているのでしょうか?相手のある交通事故(車同士)となった場合には、お互いの過失割合に応じて賠償額が相殺されます。但し、同乗者には原則として過失割合は適用されません。相手の保険からは、家族やドライバーに対し相手の対人賠償で補償されます。ペットが怪我した場合は、空いての対物賠償で補償されることになります。自分も事故の相手も任意自動車保険(対人・対物賠償、搭乗者傷害、人身傷害補償)に加入していることが前提です。相手や自分の加入しているものの内容により補償内容も異なります。

生き物と保険に関する情報

Copyright 生き物と保険について All rights reserved.